職人レポート第2回 瀬戸和郎さん 東馬たたみ店

20030912-seto.jpg

畳替えには「裏返し」「表替え」「新畳」と3種類の方法があって、これをタイミングよく行うことで長く快適さを保つことができます。
昔は和室が多かったし冠婚葬祭を家でやっていたけど、今ではマンションに住んだり、家を持ってもなかなか畳にまで気がまわらないでしょう。生活スタイルの変化で伝統的な日本の職人の仕事も、意識も変化していく。
いいものが少なくなっていく中でやはり、伝統をつたえられる。その担い手として日本の住宅を正座・畳文化にかえしていきたい。
—技へのこだわりと挑戦—
第2回は『瀬戸和郎さん 東馬たたみ店』です。
取材・文・写真:佐々木、石倉