古今東西弦楽器のことなら任せて大丈夫!大阪阿倍野にありました『中川弦楽器製作所』

4月15日

先日の「ナガヤ×アート」では、風で音が鳴る弦楽器作品『36 strings 風奏琴』を展示していただいた中川浩佑さん。 今回大阪阿倍野区にある中川さんの工房『中川弦楽器製作所』(http://nakagen.info)にて見学会を開催させて頂きました。

ギーターやマンドリンなどあらゆる弦楽器の製作を行いながら、新たな弦楽器製作に挑戦するクリエイターでもありながら、弦楽器の修繕も行っています!

見学会の様子をご紹介

・工房の様子IMGP2305

・中川さんIMGP2306

・段ボールで出来た模型IMGP2299

・削りだす前の表面部分のパーツIMGP2303

・型IMGP2309

・道具の数々

形と大きさの異なるカンナIMGP2307治具IMGP2308IMGP2315

・中川さんの弦楽器コレクション

瓢箪を使った弦楽器IMGP2319東南アジアの弦楽器(竹から一刀彫で作った民族楽器)を弾いて下さいましたIMGP2323こんな見たことない形の楽器も簡単に弾いてしまう中川さん!

IMGP2301本日は貴重なお話し本当にありがとうございました。

 

シェアハウス「おうち」さんが住人を募集しています

received_855728807871759

今年2月13日、14日に「ながやxあーと」イベントをさせて頂いた、

北田辺のシェアハウス「おうち」さんが住人を募集しております。

詳細は下記をご覧ください。

賃貸について

1人で借りる場合 家賃¥55,000-

※2人相部屋可(1人あたり+家賃¥25,000-)

別途光熱費(インターネット環境有)¥5,000-

<付属施設>

イベントスペース、作業スペース、共用のキッチン、バス、トイレ

received_855728801205093

イベントの風景1

received_855728797871760

イベントの風景2

※詳細は下記の連絡先までお問合せ下さい。

「おうち」

546-0043
大阪市東住吉区駒川1-1-14
09029569289
mozu9mozu219@gmail.com
野上

ナガヤ×あーと ‐ アートイベントを開催しました

main

2月13日と14日の2日間、東住吉区のシェアハウス『おうち長屋』を舞台にアートイベントを開催しました。

今回はそのご報告。

ジャンルを問わない多種多様な作品が『おうち長屋』に入り込み、その景色はまさに圧巻!

お越し頂いた方々、作家の皆さま、そして素敵な場所を提供してくれたオーナーの野上さん、

本当にありがとうごさいました。

ナガヤ×あーと039 ナガヤ×あーと028ナガヤ×あーと078

ここで出品して頂いた作品の一部をご紹介。

■ palla / 河原和彦 『STROKE』(映像)

ナガヤ×あーと071

 

■ 東陰地正喜 『さかしま』(映像)

ナガヤ×あーと027

 

■ 中川浩佑 『36 strings 風奏琴』

ナガヤ×あーと106

 

■ 石田元 『chaos o.n.』

ナガヤ×あーと051ナガヤ×あーと077ナガヤ×あーと053

 

■𠮷村信太朗 『on title』

ナガヤ×あーと025

ナガヤ×あーと061

ナガヤ×あーと104

 

■ 幸家大郎 『ロケットストーブ』

ナガヤ×あーと079

幸家大郎

 

■ スガショウタロウ 『non title』

ナガヤ×あーと090

 

■ 青砥聖逸 『残した風景』

ナガヤ×あーと069

青砥聖逸

 

■ 塩田鯉昇 『どこでもフスマ』

ナガヤ×あーと057

 

■ 林田亮一 『ハナレ』

ナガヤ×あーと058

今後もまたおもしろいイベントを企画していきたいですね。

ナガヤ x アート のイベントを開催します!

表裏


長屋でアートを楽しむイベントを開催致します。

幸家さんがリノベーションを手がけられた、大阪市北田辺の「おうち長屋」にて、

実際に生活されている長屋の中で、参加アーティストのみなさまの作品を展示致します!

是非お立ち寄りください!

 

 

 

定例会議

DSCF7960 DSCF7972

本日定例会議を、幸家さんが手がけられた西今川のシェアハウス「おうち」で行いました。
長屋と新しい水廻りを見事に改修されていました!

出席:森本先生 青砥さん 菅さん 幸家さん 吉田さん 林田

年末もしくは年始にASSU主催の長屋イベントを計画中です。
また詳細は追って宣伝します〜

街角の理髪店

理髪店何時も通る街角の懐かしい散髪屋さん。住まいと一緒の昔ながらの佇まい。高齢だからでしょうか?今は営業はされていない。古くなっても、くるくる回っていた赤白青の三色ネジり棒はまだ残っている。今となっては向きが違う「理髪」の看板の文字もいいな!

三角屋根の洋風長屋

洋風長屋道の手前に洋風の屋根が見えています。長屋にも時の流れか、和の暮らしからお洒落な洋間を持つ様になったのでしょう。ASSUでも「もっと  ながや」のイベントで、内部の見学とお茶を頂きながら、昭和の話を聞いたことがあります。ちょっとした長屋の暮らしの体験でした。

万代東の文化住宅

万代東の文化住宅この絵いいでしょう?! 1 階のそれぞれの住戸に石の門柱があって、植え込みが一杯。文化住宅でも住まい手の「ほのぼの」とした潤いを感じてしまいます。この建物はこの絵が完成した頃には取り壊されてしまいました。今はコインパーキングになっています。残念です。

帝塚山の洋風長屋

帝塚山洋風長屋NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」によく映し出されていた洋風長屋です。何とも「ロマン建築」を感じますね。どうしても絵を描きたくなりました。チンデン通りに良く似合っていた、いやその雰囲気は、この長屋が存在していたからでしょう!残念ながらとうとう取り壊されてしまいました。マンションになるのかな?

 

昭和町の平屋の長屋

何とも昭和町平屋の長屋何とも美しい長屋でしょう!平屋やから?! 「建て増し」したのでしょうね、突き出した部分がポイントになって素敵です。やっぱり「甍の波」の瓦屋根は絵になりますね。これも今は取り壊され、小割になって今風の家になりました。本当に残念でなりません。   青砥聖逸の「残したい風景から」